本文へスキップ

本店案内 一級和菓子職人が創り出す鎌倉どら焼き 可麻久良もなか 鎌倉殿(大どら)

電話でのご注文・お問い合わせはTEL.0467-22-8580

FAX・WEBのご注文はこちら

本店案内head office

三日月堂花仙 本店

三日月堂花仙_本店

会社経歴

昭和4年6月 東京都豊島区上池袋3-35-12にて開業 上原半十郎
昭和37年9月 有限会社 三日月堂 設立
昭和38年10月 祖父 半十郎 から父の上原幸雄が代表者となる
平成3年7月 上池袋 三日月堂 閉店
平成4年3月 神奈川県鎌倉市山ノ内133-11にて開業
→アクセス
有限会社 三日月堂花仙 現在に至る
平成11年3月 上原義幸 一級技能検定合格 →賞状
平成13年9月 「鎌倉どらやき」神奈川県銘菓指定 指定第160号
平成19年8月 上原義幸 取締役に就任

三日月堂花仙の由来

中国の史書「唐書・楊貴妃伝」によりますと、唐の玄宗皇帝は、寵妃楊貴妃の美貌を「海棠の睡りいまだ足らず」のようであると評しました。
爾来、中国では海棠の花を「花中神仙」~花仙~と称し、その美しさを花中随一と讃えてきました。
鎌倉の地に新たに店舗を開くにあたり、名を新たにして和菓子づくりに精進すべく鎌倉人に愛されている海棠の花…花仙…を選び、先代以来の伝統ある三日月堂を冠して「三日月堂花仙」といたしました。
末永くご愛顧を賜りたく、店舗名の由来を記し、ご挨拶といたします。 主人敬白


三日月堂花仙 店内

三日月堂花仙_店内三日月堂花仙_和菓子職人

玄関を入ると正面に和菓子のケースがあり、左手にはテーブル席、奥には茶室も併設されています。
店内にあしらわれた季節の花とともに旬の和菓子をお楽しみください。

店内メニュー

店舗案内

→和菓子商品一覧


和菓子職人

三日月堂花仙_和菓子職人1三日月堂花仙_和菓子職人2三日月堂花仙_和菓子職人3三日月堂花仙_和菓子職人4三日月堂花仙_和菓子職人5三日月堂花仙_和菓子職人6
店舗写真

information店舗情報

三日月堂花仙

〒247-0062
神奈川県鎌倉市山ノ内133-11
アクセス
TEL.0467-22-8580
FAX.0467-22-7022
営業時間.am9:00- pm5:00
定休日.月曜(祭日の場合は水曜)
駐車場.3台
一級和菓子職人が創り出す鎌倉どら焼き.可麻久良もなか.鎌倉殿(大どら).饅頭.羊羹の和菓子製造販売
菓子製造.菓子店.甘味処.生菓子製造.まんじゅう店.みやげ品.みやげ品店.和菓子製造.和菓子店.和風喫茶店

表示モード切り替え
和菓子(鎌倉どら焼き/可麻久良最中)は三日月堂花仙│和菓子(鎌倉どら焼き/可麻久良最中)は三日月堂花仙_スマホ対応